45円
明日やれることは明日。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋田市に衝撃的な新キャラクターが!
るるぶ秋田 角館 乳頭温泉郷’09~’10 (るるぶ情報版 東北 3)秋田県秋田市が市政120周年記念ということで新キャラクターを製作、名前を公募し始めた。しかし、そのあまりにも素晴らしいフォルムにネット上は騒然としている。



秋田市企画調整課は現在、市政施行120周年記念イベント向け「新キャラクター」の名称を募集している。

同キャラは、市政施行120周年のテーマ「家族・地域の絆(きずな)づくり」をもとに、秋田市出身の漫画家・倉田よしみさんが、市の依頼を受けて制作。体に伸びる2本の手はきずなの再生に威力を発揮するためのもので、体の形や色は気分によって変化する。

出生=いじめられっ子の涙から生まれた、性格=元気でやさしい、趣味=みんなと仲良く遊ぶことなど、同課担当者らが「家族や地域の絆づくり」のシンボルらしい同キャラのプロフィールも設定した。
秋田経済新聞より引用)

そして、これがその新キャラクター。

新キャラクター

これは・・・何という手抜き作品・・・。
秋田県のキャラクターといえば、秋田市に実在する飼い猫「ニャジロウ」がモデルのご当地キャラ「にゃまはげ仮面ニャッパゲ」が思い出される。

ニャッパゲ

よっぽどこれの方がかわいいのだが・・・なぜ丸い体に気持ち悪い触手が伸びているような生物にしたのだろうか・・・そして、なぜいじめられっ子の涙から出来たなどという意味不明の設定にしたのだろうか・・・秋田市はこのキャラを製作者から提出されたときに納得できたのだろうか?
締め切りは6月19日らしい。
とりあえず、応募してみてほしい。

私は「手抜き君」という名前で応募してみる。




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


copyright © 2017 45円 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。