45円
明日やれることは明日。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜・大矢監督が電撃解任
横浜ベイスターズ三浦大輔の心・技・体 (B.B.MOOK―スポーツシリーズ (445))横浜ベイスターズの大矢明彦監督が成績不振により休養という名目で解任された。





プロ野球横浜の佐々木邦昭球団社長は18日、横浜市内の球団事務所で記者会見を開き、大矢明彦監督(61)が成績不振を理由にシーズン途中で休養し、19日に始まるセ・パ交流試合から、田代富雄2軍監督(54)が監督代行を務めると発表した。ある球団幹部は大矢監督が戻る可能性について「それはない」と明言していることなどから、実質的な辞任とみられる。大矢監督は2007年に就任し、その年セ・リーグ4位。昨年は48勝94敗2分けと記録的な大敗で最下位に終わった。契約最終年の今季は、チームの若返りを断行したものの、開幕から6連敗する最悪のスタート。以後は一進一退の成績だったが、交流戦を控えたここにきて打線がふるわず4連敗。37試合を終えて13勝24敗と負け越しは「11」に膨らんだ。
サンケイスポーツより引用)

正直、なぜこの時期にという意見だ。成績不振を理由にするのなら去年やっておけば良かったのではないだろうか。開幕から村田という柱を欠く中、チームの若返りを目指している途中で解任するのはどうもよく分からない。先にフロントの占い師を除外した方がいいのではないだろうか。

しかし、横浜ファンからは今までの成績が成績だけに、この解任劇を評価しているコメントが多かった。横浜ベイスターズについてのブログを書いているあるブロガーは、
監督問題が大きくなりすぎて前に進めなくなっていた印象の昨年、今年。
結果はどうなろうとファンの気持ち含めこれで前には進めるわけで再度課題がどこにあるのか見直すキッカケとなれば。
おっとり横浜ファンの独り言より引用)
と前向きに考えており、横浜ファンは賛否両論はあるが、おおよそ好意的に受け取っているようだ。

とりあえず、今後ベイスターズがどうなるか注目したい。
ちなみに・・・次はおそらく真弓とみた。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


copyright © 2017 45円 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。