45円
明日やれることは明日。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森田健作の剣道二段は自称だった
おれは男だ!DVD-BOXI森田健作千葉県知事が偉そうに語っていた剣道二段というのが自称だったことが明らかになった。





剣道の段位は、全日本剣道連盟(全剣連)が開催する審査会で認定されたものを指すのが一般的だ。しかし、森田氏は全剣連の段位は取得していない。

森田氏に説明を求めたところ、所属する「サンミュージックプロダクション」の制作部長で、森田氏のマネジャーも務める石本耕三氏が代わりに説明した。それによると、親類の「範士(剣道の最高位者)」が開いた道場に通っていた森田氏は、中学3年か高校1年のとき、範士に「君はもう2段だ」と言われた。そのことを受け、「剣道2段」を名乗っているのだという。

「33年間、森田(知事)のマネジャーをしていますが、今回本人に事情を聞いて、私も初めて知りました」と石本氏は言う。

有段者という触れ込みは、3月の知事選でも広められた。投票日前に各候補者の人物像を伝える記事で、地元紙などが森田氏について「剣道二段」と紹介。当選後にも、共同通信の配信で各地の新聞が掲載した記事で、やはり「剣道二段」と報じられた。2段を公言することで、有権者や一般の人々に、誤った認識を与えてきた恐れはないのだろうか。

「ないと思っています」森田氏の考えを代弁するとして、石本氏はそう言い切る。
「森田は、『2段の実力があると言われたのだから、自分は2段だと思っている』と言っています」
AERAより引用)

言われたから思っているそうだ。
どう考えても自称であり、これは2段ではない。2段の実力があるだけで、2段ではない。それでいいのなら、東大生ではなくても東大に入れるくらい頭のいい人なら東大生を名乗ってもいいということになる。

私は昔コンパで王様ゲームをして王様になったことがある。その時まわりから「王様」と言われたので、これから王様であると言い切ってもいいことになる。

森田氏は馬鹿としか言いようがない。
こんなのをなぜ千葉県は選んだのだろうか・・・。




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


copyright © 2017 45円 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。