45円
明日やれることは明日。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キム・ヨナは寄付天使の愛称で親しまれているらしい
キム・ヨナ~銀盤の妖精一般人だといくらくらい寄付してることになるんでしょうか。






多くの被災者を出したハイチ大地震から一週間、政府レベルの援助はもちろん、民間レベルでの募金活動も世界各地で行われている。スポーツスターやハリウッドスターなど、著名人の個人名義での寄付も続々と報じられるなか、19日、フィギュアの女王キム・ヨナ選手が韓国ユニセフ協会に1億ウォン(約800万円)の義援金を渡したことが明らかになり、話題を呼んでいる。
(中略)
フィギュアの女王キム・ヨナ選手は、サムスンや現代自動車など多くのCMに出演しているCM女王でもあり、また「寄付天使」の愛称でも知られている。2007年から、フィギュア選手の養成事業をはじめ、恵まれない子どもたちのために、キム・ヨナ選手が行ってきた寄付の総額はすでに20億ウォン(約1.6億円)を超えるそうだ。
サーチナより引用)

少し前の記事ですが、キム・ヨナの年収は100億ウォンという記事がありました。1億ウォンが800万円なので、100億ウォンということは、年収は8億円。今回ハイチへ寄付したのは年収の100分の1なので、年収が300万円の人に換算すると3万円。500万の人だと5万円だそうです。

計算してみると、急にそんなに凄いことではないような気がしてしまいました

でも寄付するだけ凄いですね。スマトラ沖地震の時に韓国政府は日本と支援金を張り合って増額したあげく、結局5000万ドルの支援を予定していたのに、295万ドルしか払いませんでしたし。

まぁ、寄付をすればまたCMやテレビ番組の出演でお金が入るということで、損して得とれという感覚なのかもしれませんけどw




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


copyright © 2017 45円 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。