45円
明日やれることは明日。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世襲反対を反対する二世議員
世襲について―事業・経営篇世襲反対について、二世の閣僚が吼えた!






次期衆院選のマニフェスト(政権公約)作成に当たる自民党の菅義偉選対副委員長が国政選挙での世襲候補の立候補制限を唱えていることについて、21日午前の閣議後の記者会見で、閣僚から異論が相次いだ。
鳩山邦夫総務相は「職業選択の自由に反することだ」と批判、森英介法相は「世襲だから直ちにいけないというのは全く不合理」と不快感を露わにし、小渕優子少子化担当相は「仕事の内容を見てほしい」と強調した。さらに、塩谷立文部科学相、金子一義国土交通相もそれぞれ「制限は憲法違反」「意味のある議論ではない」と異論を述べた。
(以上yahooニュースより引用)

「仕事の内容を見てほしい」
「仕事の内容を見てほしい」
「仕事の内容を見てほしい」


これは高度な釣りである。おそらくこの文章の中で一番面白いところがここだ。
仕事の内容・・・子供を産んだことだろうか?

まぁ、何が一番悪いかというと、担ぎ上げられた二世ではなく、利権を守るために二世を担ぎ上げる周りの汚い取り巻きだろう。そして、次に悪いのがそんなやつに投票した有権者である。
大事なのは二世を排除することではなく、仕事をしない政治家を排除する方法を考えることではないだろうか。




コメント
コメント
世襲議員反対です。欧米では国会議員の世襲は日本ほど異常に多くありません。チャーチルやルーズベルト、クリントン、ブッシュなど例外はあります。しかし地方有権者は二世、三世の能力に期待しているのではなくて、オヤバカ代議士がもっている中央政財官界とのコネにたかっているだけですから。日本はただでさえ世襲君主制度を採用しているのです。この上国会議員まで世襲大名では幕末の黒船状態に陥ってしまいます。サンヨー電機やダイエーも強引な世襲で没落しました。中央官庁や大企業でも皇太子妃をはじめとした外務省などのコネ入省の多いところほど士気沈滞しています。福沢諭吉翁も門閥は親の敵だと言っているではありませんか。民主党の議員世襲禁止大賛成です。
2009/04/26 (日) 16:20:56 | URL | ポンコツ日本人 #ECn66tzA[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


copyright © 2017 45円 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。