45円
明日やれることは明日。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時間短縮のために15秒ルールを作って適用したらさらに時間がかかった件
僕の野球塾―考える力こそ最強の武器まぁ、えてしてそういうものです。






試合時間短縮のために作られた新ルール「15秒ルール」がついに適用されました。第一号は横浜の工藤投手だったそうです。

適用されたのは七回一死、打者・谷への1ボールからの2球目。捕手とサイン交換中にボールが宣告された工藤は舌を出しながら苦笑いを浮かべた。
サンスポより引用)

この「15秒ルール」というのは、無走者のときに投手が捕手などからボールを受けて15秒以内に投球しない場合は、審判員が「ボール」を宣告するという試合時間短縮のためにプロ野球機構が考え出した秘策です。今年から採用されていましたが、今回工藤投手が適用されたのが初めてです。

ちなみに、この「15秒ルール」が適用されて本当に時間短縮になったのかという問題ですが、実は逆に時間が長くなってしまったそうです。球場ではこんな感じだったそう。
1・突然の出来事に球場中が唖然
2・球場アナウンスで15秒ルールが適用されたことを発表
3・試合再開まで約1分
本末転倒w
まぁ、新しいルールなんて最初はこんなもんかもしれませんね。これからは球場に説明する手間を省くためにレッドカードみたいなものを用意することも考えた方がいいかもしれません。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


copyright © 2017 45円 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。