45円
明日やれることは明日。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裁判官は『NHK見てない』というのは一般的じゃないと思っている
天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)こいつは・・・何を言っているんだ。






放送受信契約を結んでいるのに受信料の支払いに応じなかったとして、NHKが東京都練馬区の男性(35)と江東区の男性(40)に、未払い分の支払いを求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。綿引穣裁判長はNHK側の訴えを認め、請求通り男性2人にそれぞれ8万3400円ずつの支払いを命じた。

被告側はこれまで「男性らは思想に基づいて受信料の支払いを拒否しており、自宅に受信機を設置してあるだけで受信料の支払いを強制されるのは、『思想・良心の自由』を定めた憲法19条などを侵害している」と主張していた。しかし、綿引裁判長は「男性らは自由な意思に基づいて受信契約を結んでおり、解約の方法も事前に知ることはできた」と指摘した。

また、被告側が「民放のテレビ番組だけを見ていた」などと主張していたことについては、「NHKの番組を一切試聴せず、民放番組のみを試聴することが日常生活において一般的とはいえない」と退けた。
MSN産経ニュースより引用)

なぜこの人達は、受信料支払いの解約をしないで、ただ支払い拒否をしたのでしょうか。解約する方法など今ならネットに腐るほどあるのに。「思想・良心の自由」って・・・何を言ってるんでしょうかw
まぁ、被告側にも多々疑問はありますが、一番驚いたのがこの発言。
「NHKの番組を一切試聴せず、民放番組のみを試聴することが日常生活において一般的とはいえない」ということです。
いつの間にそれが当然になっていたのでしょうか。
私は昔、実家ではNHKなんて見たこともなかったんですが。

んなことたぁない


タモリさんならこう言ってるに違いありません。「んなこたぁないよ。」



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


copyright © 2017 45円 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。