45円
明日やれることは明日。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ドメインを考えて1万ドルをゲットン
アッテルベルイ:交響曲 第6番 ハ長調 作品31 「1万ドル交響曲」 [Import]私は応募します。






URLにくっついている「.com」「.net」「.org」という部分はジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)と呼ばれ、これまでは21種類に限定されていましたが、2008年6月26日に自由化の承認が行われて誰もが自由にトップレベルドメインを申請することが可能になりました。

これを受けて開催されるのが「ワールドドメインカップ(WDC:World Domain Cup)」。選考や一般投票を経てドメインのグランプリを決定するもので、優勝ドメインの応募者は賞金1万ドル(約95万円)がもらえるそうです。
(中略)
「ワールドドメインカップ」はこのgTLD名を世界から募集し、選考を通過したドメインをWEB投票にかけ、見事1位に輝いたドメインはインターリンクがICANNへ認可申請を行うそうです。立案者には賞金1万ドルが贈られるほか、ドメインが1つ売れるたびに1ドルの報奨金が支払われるそうで、複数人から同一ドメインの応募があった場合、賞金や報奨金は先着順や抽選ではなく有効応募者全員での均等分配となるそうです。
Gigazinより引用)

これは考え抜いたものを出さなくてはいけませんね。
「ing」「DQN」「WBC」「zzz」「KKK」・・・まぁ、一生懸命考えてもこの大会を主催しているインターリンク社の社員が考えたものが優勝するんでしょうね。

一説によると、これはインターリンク社が宣伝のためにメールアドレスを集めようと主催したといわれています。とりあえず、捨てアドで、とりあえず、応募しとくくらいでちょうどいいかもしれません。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


copyright © 2017 45円 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。