45円
明日やれることは明日。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漫画ではぐれ悪魔超人コンビに瞬殺された「ビッグボンバーズ」が現実で超人タッグトーナメントを制す
「キン肉マン」画集「筋肉画廊」カナディアンマンとスペシャルマンがついに汚名返上しました。






「キン肉マン」の生誕30周年を記念したプロレスイベント「キン肉マニア2009」が“キン肉マンの日”である29日の金曜日、東京・JCBホールにて開催され、大勢のファンが駆けつけた。この日はゆでたまごの中井義則、嶋田隆司両先生が見守る中、数々のイベントやリアル超人たちによる試合が行われた。
(中略)
超人コンビと現役プロレスラーがタッグを組む「超人タッグトーナメント」では、漫画の世界から抜け出てきたかのようなリアル超人たちが実際に登場し、原作でおなじみの名場面がリング上で次々と再現される中、まさかの伏兵「ビッグボンバーズ」(カナディアンマン&スペシャルマン)with永田裕志組が、「はぐれ悪魔超人コンビ」(アシュラマン&サンシャイン)with中西学組を破って優勝。永田の猛特訓で得た新必殺技のシューティングスタープレスでカナディアンマンがサンシャインを倒し、原作で「弱体コンビ」扱いされた恨みを晴らすと、トーナメントマウンテンの頂上に突き刺さった優勝トロフィーを抜き取って勝利の喜びにむせんだ。
スポーツナビより引用)

ビッグボンバーズ

 ⇒【試合の模様など詳しい説明はこちら】

キン肉マン好きの中では最弱コンビとして有名だった、あのスペシャルマンとカナディアンマンがトーナメントマウンテンを制すとは、本当に夢のような大会である。

しかし、永田裕志、中西学、大森隆男、男色ディーノは必要だったのだろうか。

キン肉マンのキャラだけでは会場を埋めれるか心配だったため参加してもらったのだろうが、邪魔以外の何ものでもないように思う。きっとキン肉マンファンなら彼らが出ていなくても会場をいっぱいにしてくれたと思う。きっと「嫁を質に入れてでも」会場をいっぱいにしただろう。
惜しいことこの上ない。

まぁ、別にどうでもいいちゃあどうでもいい話だが。

 ⇒【スペシャルマンとカナディアンマンの詳しい記述はこちら】

とりあえず、第二弾にゆで先生が色気を見せているのでそちらを期待したい。

【関連記事】プロレスラー永田裕志がFC東京のファンだと嘘を




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


copyright © 2017 45円 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。